ITコストの削減について

ほとんどの企業などで採用されているITシステム。
特にIT関連の企業に関していえば、企業で使うコストのほとんどがITにかかるコストになります。
ITのシステムをうまく活用しながら、企業を発展させていくことができれば、企業として成功を収めるといっても過言ではありません。

ITシステムをうまく利用しながら、会社を成長させるにはIT関連のコストを削減することが大切です。
削減といってもむやみやたらと削ってしまってITの質を下げてしまったのでは意味がありません。
自分たちが活用しているITシステムの質を落とさないようにしながら、無駄や不必要なコストを削減していくことが大切です。

では、企業におけるITコストの削減方法について具体的に見ていきましょう。

・不必要なITシステムはないか確認する
企業になると、他社との競争に打ち勝とうとするあまり、あれもこれもとシステムを導入してしまう場合があります。
しかし、その中の大半は、時代が過ぎると不必要になったりして倉庫に不必要になったIT機器が並べられていたり、また、導入のし過ぎで社内でサーバーが混乱してシステム事態がトラブルを起こしてしまうこともあります。
また、運用や管理に伴う人的なコストも馬鹿にはできません。
今一度、今、そのIT機器は本当にその企業にとって大切なのか考えてみることが大切です。

・ITの一元管理の必要性
これまでは各部署ごとに必要なITシステムを導入し、色んな情報などを一元で管理する体制にはありませんでした。
個人情報保護法が施行され、社内におけるさまざまな情報を手に入れることができるようになると、企業は手に入れた情報を一括して管理する体制が不可欠になりました。
このように、今までばらばらに管理されていたITシステムを一元管理することで、ITにかかわる人的、物的コストの削減につながるのです。

・企業戦略を明確化する
ある意味、ITコストの削減とは関係がないように見えますが、企業戦略が明確になっていないと不必要なITシステムを導入してしまうことにもつながっていきます。
企業戦略を明確化し、その戦略を実現させるにはどういったITシステムが必要なのかをよく検討することでコスト削減にもつながっていくのです。

・企業で行わなくてもいいようなITの作業はアウトソーシングを活用
企業ですべてのことを行おうとすると膨大なITシステムが不可欠になります。
ITシステムが膨大になればなるほどメンテナンスや管理も大変になり、コストもかかります。
そこで、外部に頼めるような仕事は外部に頼んでしまうというのがアウトソーシングの役割です。
クラウド型雇用とも呼ばれる、在宅ワーカーなどに仕事をメールなどで依頼し、ワーカーは作業が済んだらメールに仕事内容を添付して送るという業務体系を取ることで、企業のITシステムをダイエットさせることができるのです。

このような企業側の努力によってITのコストダウンを行えば、企業もまた成長することにコストを回すことが出来ます。