地方のIT企業の実情

地方にもIT企業はたくさんあります。ネットで求人情報などをみると都内以外はあまり多くはありませんが会社自体はたくさんあると思います。
私は福岡在住ですが、IT関連会社をたくさん見ます。少ない人数でやっていたり、個人経営の人が多いので求人をすることはあまりないようですね。

地方でもネットのやりとりでできる仕事内容であれば、問題なく売上を増やすことは可能だと思います。
もちろん最前線と言われる都内で働いていれば自然と最新の情報をつかむことも簡単だと思いますが、地方でもその地方に合ったやり方を企画していけばいいのだと考えます。
私の周りにもIT関連会社に勤めている人は意外と多くいます。デザイン関係の会社で働いている知人は、福岡で一番になるという目標を掲げ、頑張っています。
エリアを限定しているので営業は足を運んで会社へ飛び込み営業もするそうです。
まさに地方ならではのやり方ですね。その会社は年々取引会社を増やしていて、社員さんも増えているので成長していっているのだと思います。

中にはやっぱり地方での仕事には限りがあると言い、東京へと進出したり、東京の会社へ就職する人もいます。
給料はやはり都内のほうが高いので生活は楽になったという話も聞くことがあります。
地方で成長していくか都心で働くかの選択は個人の問題となってくるのでどちらがいいというものではありません。
自分の将来のビジョンによって選択するのが一番だと思います。

どちらにするにしても、仕事内容に関しては同じ訳ですから何かしら問題が生じるでしょう。その場合は、プログラマの仕事内容解決ブックで解決です!
プログラマーのプログラミングは千差万別十人十色ですが、何かしら共通の問題は解決できるものなんですよ。